私のところは適正速度?auひかりの速度計測!

NURO光

地域ごとに異なる光ファイバー回線を使っています

auひかりの速度は地域ごとによる差が大きいことはよく知られています。全国の速度計測サイトを参照すると、同じ料金を払っているとは思えないほど違いが出ていることに驚くでしょう。

auひかりで利用されている光ファイバー線は、KDDIが自前で引いて管理している自前回線が首都圏を中心に展開されており、auスマートバリュー開始前からauひかり対象地域に入っていれば自前回線です。

自前回線エリアでは地域ごとのバラつきが特に激しく、加入者が多い地域は遅く少ない地域は猛スピードです。一方、auスマートバリュー開始と共に一気にエリア拡大した地域はNTTから回線を借りており、速度はフレッツ光と同等のやや遅めの実測値を速度計測で弾き出しています。

続きを読む

≪最終手段≫色々試したケドauひかりの速度が遅いままの人へ

NURO光

auひかりには2種類あります

auひかりを利用していて速度が遅いと感じられる場合、原因は複数あります。

auひかりマンションタイプは回線方式が大抵VDSL方式となるので速度が最大100Mbpsまたは70Mbpsですが、マンション全体で共有するので速いわけがありません。

戸建てタイプにはNTTの光ファイバーを借りて運営しているauひかりホーム(S)と、KDDIが自前で敷設した光ファイバー回線を使用して運営しているauひかりホームの2種類が存在しています。それぞれ別の光ファイバー線を共有して利用しているために速度が遅い原因が異なっています。

続きを読む

auひかり光の解約で≪解約金・違約金≫がかからないのはいつまで?

NURO光

解約に違約金がかかるauひかり

auひかりを契約すると解約に違約金がかかるのが普通です。通常プランで契約している場合にはいつでも自由に解約できますが、月額利用料が高くなってしまうことから他のプランで契約することが多いでしょう。

特に継続すると月額利用料が安くなるずっとギガ得プランは魅力に感じるものが多いものです。三年ごとの契約が基本となっていて自動更新になるのが特徴であり、契約期間内に解約しようとすると違約金が発生します。

そのため、いつまで違約金がかかるかというと、契約をした月から数えて三年後まではかかってしまうことになるのです。

続きを読む

auひかりに解約電話をする際の連絡先&伝え方

NURO光

auひかりの解約方法

auひかりを利用してきたけれど、他の会社のサービスに乗り換えたいと考えたら解約手続きを行う必要があります。

auひかりの場合には解約は電話によってのみ受け付けられているため、そのサービスの時間帯に合わせて電話をかけなければなりません。フリーダイヤルになっているため、お金の負担なく気軽に解約を申し出ることができます。

電話番号は0077-777であり、朝9時から夜20時までが受付時間です。長い時間にわたって電話を受け付けてくれていることから連絡が取りやすく、やめたいと思ったら気軽に連絡ができるでしょう。

続きを読む

auひかりの失敗しない解約方法 -手順・連絡先・違約金-

NURO光

失敗しないための解約手順

auひかりの解約方法はそれほど煩雑ではありません。手順さえ間違えなければ問題がないのです。auひかりを解約するにはサポートセンターに電話をして解約を申し込み、解約日を決定して、レンタルしていた機器を送るだけで終わります。

ただし、気をつけておきたいのはそれまでauひかりから受けていたサービスが解約日になったら突然利用できなくなることです。

インターネット回線だけでなく、ひかり電話なども解約すると同時に使用できなくなってしまうため、解約手続きのための電話をする前に行っておいた方が良い準備もあるのです。

続きを読む

絶対に払いたくない!au光を解約する際の違約金を逃れる方法

NURO光

au光を解約すると違約金が発生

auひかりを解約しようとすると違約金が発生してしまうことがよくあります。au光に申し込んだときに選んでしまうことが多いのがずっとギガ得プランやギガ得プランでしょう。

ずっとギガ得プランは3年契約、ギガ得プランは2年契約になっていて、期間が経つと自動更新されます。その契約期間内に解約しようと考えると違約金が発生してしまうのです。

もともと継続的に契約するから月額利用料が安くなる仕組みになっているのがこれらのプランですが、目の先の安さが魅力に感じられてしまってよく確認せずに契約してしまっていることが多いでしょう。

続きを読む

≪auひかり光利用者専用!≫引っ越し時に必要な手続きまとめ

NURO光

auひかりには引越し手続きは無い

auひかりを利用していて引っ越し手続きを行う際には、加入しているプロバイダーへ連絡を行う必要があります。電話すると分かりますが、解約日と転居先の開通日を一緒に出来ない点がNTTとは異なります。

auひかりには引っ越しに伴う移転手続きは存在せず、プロバイダー側同一IDによる解約新規手続きとなってしまうので、工事費の残債が残っている場合には転居先で一旦精算後に割り引かれるシステムが採用されているのです。

プロバイダーや回線事業者のKDDIとしては顧客の繋ぎ止めとなりますが、NTTでは普通に行える移転手続きが実は解約新規手続きだと知ると驚く人も多いでしょう。

続きを読む

※重要※auひかりを解約するタイミングと伝えるべきコト

NURO光

auひかりを解約しよう

auひかりを利用してきて不満を感じたり、他社のサービスに魅力を抱いたりすることがあります。そのときには解約を申し込んで乗り換えを行いましょう。

auひかりを解約するときには違約金が発生してしまう可能性があるため、契約内容に応じて適切なタイミングで解約するのが良い考え方です。

ずっとギガ得プランを利用しているなら契約をしてから三年後の一ヶ月間、ギガ得プランの場合には二年後の一ヶ月間が違約金がかからないタイミングなので、この時を狙って解約の申し込みをしましょう。高額の違約金を払わないためのポイントです。

続きを読む

私のところは適正速度?BIGLOBE光の速度計測!

NURO光

時間帯を分けて速度を計測してみよう

光コラボレーションとして展開されているBIGLOBE光の速度が遅いと感じているならば、速度計測サイトを利用して実際に測ってみると良いでしょう。

時間帯を早朝、平日昼間、平日夜間と分けて複数日程で計測すれば、時間帯別のBIGLOBE光回線速度が分かります。早朝に計測した数値が最も空いている状況で測定したこととなり、夜間が最も混雑している状況となります。

差が大きいほどプロバイダーが混雑していると思われ、余り差がないにも関わらず速度が遅い場合には光ファイバー回線自体が満杯状態に近いことを示している点に注意しましょう。

続きを読む

≪最終手段≫色々試したケドBIGLOBE光の速度が遅いままの人へ

NURO光

プロバイダーに原因があるなら昼と夜の速度差が激しい

BIGLOBE光を利用していて、光ファイバー回線にも関わらず速度が遅いと感じている人もいるでしょう。

パソコン側に問題が無いことを確認した上で、平日昼間と19時から23時のゴールデンタイムに日にちを分けて何度も計測して平均値を出してみると判断しやすくなります。

平日昼間と夜間の速度差が激しい場合には、プロバイダー側の環境で混雑が発生していると考えられます。フレッツ光回線では昼夜の速度差は何倍もかけ離れることは少なく、早朝のみ回線が空くと考えられるからです。プロバイダーを変更することで、改善出来る可能性があります。

続きを読む