※重要※auひかりを解約するタイミングと伝えるべきコト

auひかりを解約しよう

auひかりを利用してきて不満を感じたり、他社のサービスに魅力を抱いたりすることがあります。そのときには解約を申し込んで乗り換えを行いましょう。

auひかりを解約するときには違約金が発生してしまう可能性があるため、契約内容に応じて適切なタイミングで解約するのが良い考え方です。

ずっとギガ得プランを利用しているなら契約をしてから三年後の一ヶ月間、ギガ得プランの場合には二年後の一ヶ月間が違約金がかからないタイミングなので、この時を狙って解約の申し込みをしましょう。高額の違約金を払わないためのポイントです。

続きを読む

私のところは適正速度?BIGLOBE光の速度計測!

時間帯を分けて速度を計測してみよう

光コラボレーションとして展開されているBIGLOBE光の速度が遅いと感じているならば、速度計測サイトを利用して実際に測ってみると良いでしょう。

時間帯を早朝、平日昼間、平日夜間と分けて複数日程で計測すれば、時間帯別のBIGLOBE光回線速度が分かります。早朝に計測した数値が最も空いている状況で測定したこととなり、夜間が最も混雑している状況となります。

差が大きいほどプロバイダーが混雑していると思われ、余り差がないにも関わらず速度が遅い場合には光ファイバー回線自体が満杯状態に近いことを示している点に注意しましょう。

続きを読む

≪最終手段≫色々試したケドBIGLOBE光の速度が遅いままの人へ

プロバイダーに原因があるなら昼と夜の速度差が激しい

BIGLOBE光を利用していて、光ファイバー回線にも関わらず速度が遅いと感じている人もいるでしょう。

パソコン側に問題が無いことを確認した上で、平日昼間と19時から23時のゴールデンタイムに日にちを分けて何度も計測して平均値を出してみると判断しやすくなります。

平日昼間と夜間の速度差が激しい場合には、プロバイダー側の環境で混雑が発生していると考えられます。フレッツ光回線では昼夜の速度差は何倍もかけ離れることは少なく、早朝のみ回線が空くと考えられるからです。プロバイダーを変更することで、改善出来る可能性があります。

続きを読む

BIGLOBE光の解約で≪解約金・違約金≫がかからないのはいつまで?

違約金が高いのがネックのBIGLOBE光

BIGLOBE光を利用してきても解約したいと考えるときはあります。いつまでに解約するのが良いかと悩むこともあるでしょう。BIGLOBE光はサービスは充実していますが、ネックとなりやすいのが解約の際に発生する違約金の高さです。

お得に利用しようと考えて3年プランで契約していると違約金として2万円もかかってしまいます。その高さを考慮して2年プランとしても9500円がかかるため、解約しようと考えると大きな出費を覚悟しなければなりません。

契約した時点ではずっと続ける気であったという人にとっては痛手になってしまいます。

続きを読む

BIGLOBE光に解約電話をする際の連絡先&伝え方

BIGLOBE光の解約手続き開始

BIGLOBE光の解約をしようというときにはまずは電話をするところから始まります。連絡先は0120-86-0962であり、一般電話からの場合には通話料が無料です。

しかし、03-6385-0962の方が良い場合もあります。これは携帯電話などを利用する場合の有料の電話番号です。どちらを利用しても問い合わせが混み合っていることが多いため、BIGLOBEのホームページを参照してつながりやすい時間帯を確認して連絡すると良いでしょう。

平日の10時頃が最もつながりやすい時間帯であり、休日はほぼ終日つながりにくいのが通常です。

続きを読む

BIGLOBE光の失敗しない解約方法 -手順・連絡先・違約金-

まずは全体的な流れを確認

BIGLOBE光の解約方法はまずは全体的な流れを確認しておくことが大切です。BIGLOBE光の解約に際してはまずカスタマーサポートインフォメーションデスクに電話をする必要があります。

そして、解約したいという旨を伝えれば必要事項を伝えるだけで解約を達成することができます。そして、その後に解約月分の料金や違約金の支払いを行い、レンタルしていた機器を返却することで完了です。

解約の手続きを始めてしまえば簡単に終えることができるため、重要になるのはBIGLOBE光を解約したいことを電話で伝える段階になります。

続きを読む

絶対に払いたくない!BIGLOBE光を解約する際の違約金を逃れる方法

更新月に解約すれば違約金はかからない

BIGLOBE光の契約は2年単位の自動更新が適用されている代わりに本来の金額よりも安く毎月の料金を利用出来ます。月1000円以上も安く使える代わりに更新月以外で解約すると、違約金が発生することになります。

更新月については、プロバイダーごとに異なるので正確な更新月の確認は、BIGLOBE光に電話してオペレーター名と日付時間を記録しておくと良いでしょう。可能であれば録音をしておくことをお勧めします。

なぜなら、更新月は1ヶ月間しかなく乗り換える光回線によっては工事に時間がかかるので更新月が過ぎてしまう可能性があるからです。

続きを読む

≪BIGLOBE光利用者専用!≫引っ越し時に必要な手続きまとめ

種類によって違う引っ越し手続き

BIGLOBEの光サービスを利用しているときには、BIGLOBE光withフレッツ系のものを利用しているかビッグローブ光を利用しているかで引っ越しにかかわる手続きにも違いがあります。

ビッグローブ光の場合には電話でBIGLOBE電話で入会センターに連絡することによって手続きを全て行うことができます。

これに対して、BIGLOBE光withフレッツを利用している場合には、まずは引っ越しナビにアクセスをして、引っ越し後のコースを選択し、それに応じた方法をガイダンスに従って自分で手続きしていく必要があります。

続きを読む

※重要※ BIGLOBE光を解約するタイミングと伝えるべきコト

違約金がかからないタイミング

BIGLOBE光を解約するときに重要になる視点の一つが、違約金がかからないようにすることですBIGLOBE光が光サービスとして良いと考えて契約してみたものの、何か不都合を感じてしまうこともあるでしょう。

そのときに解約したいと考えても違約金が発生することがしばしばあります。BIGLOBE光のプランとして2年プランと3年プランがあり、それぞれ2年、3年単位の定期契約となっているのが特徴です。

そのため、2年あるいは3年が経過したそのときにしか正規の解約ができません。それ以外のタイミングになると違約金が生じるのです。

続きを読む

私のところは適正速度?OCN光の速度計測!

昼間と夜間の速度差が少ない

OCN光は速度計測をした際に昼間と夜間の速度差が少ないことで知られています。会員数が多いので料金に見合った速度が出ているとは思えない状況が続いていますが、可もなく不可もなしという状態の体感を持っている人も多いでしょう。

フレッツ光の頃はプロバイダーを追加契約することで速度差を体感出来ましたが、OCN光の光コラボレーションでは他のプロバイダーを利用するわけにも行かず、速度計測結果サイトの数値とにらめっこすることとなります。

フレッツテレビを利用しているなどの事情に縛られているのでなければ、auひかりやNURO光を検討してみることで不満が解消される可能性が高いです。

続きを読む