≪最終手段≫色々試したケドOCN光の速度が遅いままの人へ

平日昼間とゴールデンタイムの速度差が大きければOCNの問題です

OCN光の速度が遅いと感じている場合には、平日昼間とゴールデンタイムと呼ばれる19時から23時の時間帯で何度も速度計測をしてみましょう。

速度差が大きければプロバイダー側OCNの問題です。フレッツ光回線をベースとしているOCN光では、NTT基地局までは光回線の影響が出るものの、NTT基地局から先ではプロバイダー側の回線状況による影響が出ます。

光回線には最大収容人数が決まっているので、一定速度以下にはならないと考えられています。複数の日程で同じように低速状態が起きるのであればが、光回線ではなくプロバイダー側が混雑していることが原因と言えます。

続きを読む

OCN光の解約で≪解約金・違約金≫がかからないのはいつまで?

解約にかかる違約金とは

OCN光を利用してきて解約することになると違約金が発生することがあります。契約の種類によって必要性にも違いがあり、いつまでかかるかは把握しておくことが大切です。

通常の契約を行っていると二年間を最低利用期間としているため、契約してから二年以内に解約を申し出ると解約金が発生してしまいます。

また、サービスとして提供されている2年割を利用している場合には二年ごとの契約になるため、二年間が過ぎたとしてもまた契約が更新されて二年間は違約金が発生するようになります。このような仕組みになっていると理解しておきましょう。

続きを読む

OCN光に解約電話をする際の連絡先&伝え方

OCN光を解約するときにはWEB利用

OCN光を解約するときには二つの選択肢があります。WEBから申し込みをする方法と電話をする方法です。簡便に行えるという点からはWEB利用を選択すると良いでしょう。

お客様番号、認証ID、認証パスワードを揃えた状態で、OCN光のマイページから手続きを進めれば解約することができます。

必要事項を記入していくだけでストレスなく解約手続きが進められるのがメリットであり、やめたいと思ったらいつでも気軽にやめられるサービスが提供されているのです。見落としがちでありながら便利なサービスなので注意しておきましょう。

続きを読む

OCN光の解約方法とNURO光への乗り換え方法

失敗しないための事前準備

OCN光の解約方法を理解する前に大切になるのが、その事前準備です。OCN光を利用してきた人の多くは光回線によるインターネットの高速通信がいつでも利用できることに慣れているでしょう。

それに加えて光回線を利用したいくつものサービスを利用してきていることがよくあります。そのため、解約によってそのサービスが利用できなくなることを想定して、別の会社と契約することでより快適に利用できるようにすることが重要です。

光回線に慣れてしまうと他の回線では満足できないことが多いため、まずは別の光回線の利用を考えておきましょう。

続きを読む

絶対に払いたくない!OCN光を解約する際の違約金を逃れる方法

違約金の発生を回避しよう

OCN光を利用していて不満を感じたらすぐにでもやめたいと感じるでしょう。その際に発生してしまうことが多いのが違約金です。

OCN光では二年間を最低利用期間としているため、利用期間がまだ二年に満たない状態で解約しようとすると違約金を支払わなければなりません。

金額にして5000円というのが高いと感じるか安いと感じるかは人によって異なるでしょう。しかし、二年間継続して利用していればこの違約金の発生を回避することができます。

気長に二年間を過ごせるというのなら、それからおもむろに解約をするのが賢い考え方の一つです。

続きを読む

≪OCN光利用者専用!≫引っ越し時に必要な手続きまとめ

作業してくれるのは管轄のNTT

OCN光を利用している人が引っ越しをしても同じようにOCN光を利用したいと考えたときには作業をしてくれるのはOCNではありません。NTTの光回線を利用しているため、管轄のNTTが仕事をします。

しかし、電話での連絡先はどちらの管轄である場合にも0120-116116で問題ありません。連絡先がOCNではなくてNTTであることには注意しておきましょう。

引っ越しに先立って電話をして申し込んでおけば工事の日程を決めることができ、引っ越しをして工事が終わればすぐに光回線のサービスを利用できるようになります。

続きを読む

※重要※ OCN光を解約するタイミングと伝えるべきコト

解約のタイミングの考え方

OCN光を利用して光回線の利用をしてきたものの、それに満足できなくなってしまうことがあります。通信速度が十分ではなかったり、利用料金が高いと感じたり、オプションサービスに欲しいものがないと気づいたりする場合が一般的です。その際に解約をしようと考えたらタイミングが大切であり、今、満足できなくなっているからこそすぐに解約するのが満足度の高い決断となります。しかし、今すぐに解約してしまうと損をしてしまうという考え方もあることは理解しておきましょう。OCN光の解約に際して違約金が必要になる場合があるからです。

続きを読む

私のところは適正速度?ソフトバンク光の速度計測!

昼間と夜間で速度計測をしてみましょう

ソフトバンク光を利用している人の中には、速度が早い・遅い両方の感想を持っている人が多数います。実際に速度計測をして検証する際には、平日昼間の速度と夜間の速度を同じ条件で測定して比べると分かりやすいです。

フレッツ光と同じ光回線を電話局までは使用しており、NTT基地局から先は各プロバイダーの速度次第となります。ソフトバンク光ではプロバイダーと回線を一体契約となっているので、昼間と夜間の差が2倍以上あれば、原因はプロバイダーにあると言えるでしょう。

フレッツ光回線網自体の速度差はそこまでは無いからです。フレッツ光を利用していればプロバイダー変更で解決出来ましたが、ソフトバンク光は光コラボレーションのために他のプロバイダー利用をするわけには行きません。高い解約料が発生するからです。全く異なるauひかりやNURO光の利用を検討すると良いでしょう。

続きを読む

≪最終手段≫色々試したケドソフトバンク光の速度が遅いままの人へ

昼夜の速度差が大きければプロバイダーが原因です

ソフトバンク光の速度が遅いという評判は珍しくありません。昼間は比較的快適に使えるものの、夜間は速度が極端に落ちると指摘されています。

複数の日に分けて昼夜で速度測定を行った結果として、夜間にソフトバンク光の回線速度が遅いのであれば、プロバイダーが原因です。

フレッツ光であれば手軽にプロバイダー変更が出来ましたが、ソフトバンク光では他の光回線に切り替えるか、他のコラボレーションモデルへ乗り換えるしか方法がありません。携帯電話の割引との兼ね合いから乗り換えられないという場合であっても、料金を払い続けるよりも快適な光回線を新たに導入した方が精神衛生上良いでしょう。

続きを読む

ソフトバンク光の解約で≪解約金・違約金≫がかからないのはいつまで?

ソフトバンク光を解約しよう

ソフトバンク光を解約したいと考えたら違約金がかかってしまうことがよくあります。

違約金の金額も、いつからいつまでかかることになるかについても契約によって異なりますが、解約したいと考えても決まったときにしか解約できない契約を結んでいるケースが大半です。

ソフトバンク光の契約の仕組みに特徴があり、割引料金が適用されることから、いつからいつまで解約できるということをあまりよく確認せずに契約してしまう人が多くなってしまいます。

それでは具体的にどのようなときにいつ手続きをすれば違約金が発生しないのでしょうか。

続きを読む