ソフトバンク光

私のところは適正速度?ソフトバンク光の速度計測!

昼間と夜間で速度計測をしてみましょう

ソフトバンク光を利用している人の中には、速度が早い・遅い両方の感想を持っている人が多数います。実際に速度計測をして検証する際には、平日昼間の速度と夜間の速度を同じ条件で測定して比べると分かりやすいです。

フレッツ光と同じ光回線を電話局までは使用しており、NTT基地局から先は各プロバイダーの速度次第となります。ソフトバンク光ではプロバイダーと回線を一体契約となっているので、昼間と夜間の差が2倍以上あれば、原因はプロバイダーにあると言えるでしょう。

フレッツ光回線網自体の速度差はそこまでは無いからです。フレッツ光を利用していればプロバイダー変更で解決出来ましたが、ソフトバンク光は光コラボレーションのために他のプロバイダー利用をするわけには行きません。高い解約料が発生するからです。全く異なるauひかりやNURO光の利用を検討すると良いでしょう。

続きを読む

≪最終手段≫色々試したケドソフトバンク光の速度が遅いままの人へ

昼夜の速度差が大きければプロバイダーが原因です

ソフトバンク光の速度が遅いという評判は珍しくありません。昼間は比較的快適に使えるものの、夜間は速度が極端に落ちると指摘されています。

複数の日に分けて昼夜で速度測定を行った結果として、夜間にソフトバンク光の回線速度が遅いのであれば、プロバイダーが原因です。

フレッツ光であれば手軽にプロバイダー変更が出来ましたが、ソフトバンク光では他の光回線に切り替えるか、他のコラボレーションモデルへ乗り換えるしか方法がありません。携帯電話の割引との兼ね合いから乗り換えられないという場合であっても、料金を払い続けるよりも快適な光回線を新たに導入した方が精神衛生上良いでしょう。

続きを読む

ソフトバンク光の解約で≪解約金・違約金≫がかからないのはいつまで?

ソフトバンク光を解約しよう

ソフトバンク光を解約したいと考えたら違約金がかかってしまうことがよくあります。

違約金の金額も、いつからいつまでかかることになるかについても契約によって異なりますが、解約したいと考えても決まったときにしか解約できない契約を結んでいるケースが大半です。

ソフトバンク光の契約の仕組みに特徴があり、割引料金が適用されることから、いつからいつまで解約できるということをあまりよく確認せずに契約してしまう人が多くなってしまいます。

それでは具体的にどのようなときにいつ手続きをすれば違約金が発生しないのでしょうか。

続きを読む

ソフトバンク光に解約電話をする際の連絡先&伝え方

ソフトバンク光を解約するには

ソフトバンク光を利用してきた人にとって、解約したいと考えたときに途方に暮れてしまうことは珍しくありません。

解約方法についてはあまり目立った形で記載されていないことが多いからであり、ソフトバンクのインターネットサイトをよく調べてようやく到達できるというのが実情でしょう。

ソフトバンク光の解約を行いたいときには電話で連絡しなければなりません。そのため、連絡先を知っておくと共に、対人で手続きを行うことになる覚悟を持っておきましょう。

何を伝えるべきかを明確にしておかないといつの間にか継続してしまうことにもなりかねません。

続きを読む

ソフトバンク光の失敗しない解約方法 -手順・連絡先・違約金-

ソフトバンク光の解約ならまずは次の契約先の決定

ソフトバンク光と速やかに解約して他の光通信サービスを利用したいと考えたら、解約方法についてよく調べるよりもまずは次の契約先を決めておくことが大切です。

オペレーターに解約したいと伝えると必ずなんとかして断念させようとサービスのメリットなどを伝えて交渉しようとします。その際に既に次の契約先が決まっていると伝えると諦めざるを得なくなるのです。

特にサービス面で秀でている契約先を選んであれば、ソフトバンク光を利用するメリットについて主張しづらくなります。解約を考えたらまずは次の契約先を決定するようにしましょう。

続きを読む

絶対に払いたくない!ソフトバンク光を解約する際の違約金を逃れる方法

違約金がかかるソフトバンク光の解約

事情があってソフトバンク光を解約しようと考えて調べてみると、違約金が発生するケースがあるということがわかるでしょう。

2年自動更新プランや5年自動更新プランを利用していると発生してしまうのが違約金ですが、せっかくお得に利用してきたのに、ソフトバンク光を解約する段階になって違約金を支払わなければならないというのは苦しいものです。

絶対に払いたくないと考えたらうまく逃れる方法を考えてみましょう。金額にして9500円または15000円が通常であり、それ以上のメリットを受けてきたとしても払いたくないと考えて当然です。

続きを読む

≪ソフトバンク光利用者専用!≫引っ越し時に必要な手続きまとめ

引っ越しが決まったらまず電話連絡

ソフトバンク光を利用している人が引っ越しをしようと考えたら手続きを行わなければなりません。引っ越しをするときには電話でソフトバンク光サポートセンターに電話をしてオペレーターに移転したい旨を伝えるのが手順です。

すると引っ越し先でサービスが利用可能かを確認した上で、注意事項の説明を受け、引っ越しの日程などについての情報を伝えれば終わります。

すると、後日SMSか郵送で工事予定日についての連絡が届き、その日に工事が行われてソフトバンク光を利用できるようになります。基本は電話連絡であるという理解が大切です。

続きを読む

※重要※ ソフトバンク光を解約するタイミングと伝えるべきコト

契約によって違う最適なタイミング

ソフトバンク光から解約して他のサービスを利用しようと考えたら無駄に解約金が発生しないタイミングを見計らって手続きを行うことが重要です。

その際に注意しておくと良いのが契約によって最適なタイミングが異なるという点です。大半の料金プランでは2年自動更新プランとなっているため、2年ごとに訪れる契約更新月を解約のタイミングとするのが最適でしょう。

しかし、戸建て住宅の場合には5年自動更新プランも選択可能であり、その場合には5年ごとの契約更新月に着目する必要があります。自分がどのような契約にしているかを確認してから決断しましょう。

続きを読む