工事

他社からNURO光に乗り換える際に≪絶対≫必要な2回の工事

2回に分けて行う工事はなぜ起きる

乗り換え先としてNURO光回線を引き込む際には、既存の他社光ファイバーケーブルが敷設されていても再度引き込み工事が必要となります。なぜなら、別回線を引き込むこととなるからです。

NURO光では屋内工事と屋外工事の2種類が別々に行われる点を不思議に思う人がいるでしょう。担当する工事を分けることで開通率を上げることが出来るので、敢えて2回に分けて実施されています。

今まで光ファイバー回線を諦めていた家でも開通している事例が報告されており、屋内への光ファイバーケーブルの引き込みに対して障害となる部分を乗り越える努力がされていることが窺われます。

従来の方法では1日に多くの家を回らなければならないので、時間が掛かり過ぎる場合には引き込み不可と判断する業者がいたことで未開通が発生していました。

続きを読む

NURO光をマンションで確実に使うために調べるべき3個のコト

7階建以下か8階建以上かで変わります

NURO光をマンションで使うためには、工事方法が2種類あります。4世帯以上の契約希望者を集めて申込むことで、審査に通過するとNURO光fotマンションを利用出来ます。

7階建以下の建物であれば1世帯で申込みが出来るために、加入者が減少してもサービス廃止とならずに済みます。

続きを読む

困った!NURO光の工事電話が遅くてなかなか来ないときの対処法

公式サイトを確認してコールセンターへ確認する

NURO光の工事は屋内と屋外工事の2回行われます。電話連絡が中々来ない場合には、机上設計に時間がかかっているか代理店側に問題があり手配が完了していない可能性があります。

NURO光公式サイトを確認するとコールセンターの電話番号が記載されているので、工事手配状況を確認すると良いでしょう。日程調整が終わる前の段階であればキャンセル費用はかかりません。

申込みすら入っていない場合には忘れられている可能性も考えられるので、個人情報の取り扱いに関しても心配な状況となり、安全のためにその場で勧誘停止措置を取ることも出来ます。

続きを読む

意外と短時間で終わったNURO光の設置工事

NURO光は開通までの期間が短い

光ファイバー回線を契約する際には、工事時間の短さも重要です。かつて利用されていたダイヤルアップはモデムから電話をかけるだけで済みましたし、ADSLも専用モデルを宅内に設置するだけで良く、大掛かりな工事は不要でした。

ただ、光ファイバーは回線を住宅に引き込む工事が必要なため、申し込みから開通までに時間がかかります。

会社によっては開通までに3ヶ月程度かかることもありますが、NURO光は申し込み後30日程度でサービスを利用できるようになることが多くなっています。引越し先でNURO光を利用する場合は、この期間を考慮することで切れ目無くインターネットに接続できます。

続きを読む

【賃貸に住んでいる人向け】NURO光の工事で大家さんに許可をもらうコツ

建物別に大家さんに許可を取る方法を詳しく知りたい場合はこちら

詳しく解説しているこちらの記事を参照ください。

→ NURO光の工事で大家さんに許可を取る時に注意するポイント

新しいタイプの電話回線を引き込む工事許可を貰う

賃貸住宅に住んでいる場合には、NURO光の工事許可を大家に貰う必要がありますが、管理会社に話をするケースもあります。

その際に光ファイバーの引き込み工事に穴あけが伴うと心配する管理会社が多いので、賃貸物件契約前に許可を貰ってしまう方法が完璧です。

しかし、入居手続きが終わった段階でNURO光の工事許可を取ろうとしても難しいので、新しいタイプの電話回線を引き込む作業をしても良いか確認して許可を貰うと良いのです。

NURO光の工事については、キャビネット設置が出来れば基本的には開通出来るので、光ファイバー線は既存の電話配管を通すからです。

外回りの工事はNTTが行うと伝える

続きを読む

『工事の間、電話は使えるの?』 NURO光の電話工事概要

光回線工事と電話工事は別に行われます

NURO光の開通工事は、インターネット回線の回線工事のため電話については別途局内で行われます。新規番号を発行する場合には、工事当日の16時以降に利用可能となるので、時間を過ぎたら電話機を繋いで111発信して開通確認を行えます。

NTT発番の電話番号を利用していて、番号をそのまま引き継ぐ場合には、従来の回線や種別によりNURO光でんわへの切り替え時期は異なりますが、局内工事となるため立会は不要です。

既存の光回線を利用したひかり電話の場合には解約時期を誤ると同じ番号を引き継げなくなるため注意が必要となります。

NTTアナログ電話からの電話番号を引き継ぐ場合

続きを読む