比較

≪比較≫フレッツからNURO光にする時のオススメは地デジアンテナorケーブルテレビ?

難視聴地域ならばケーブルテレビを選択する方法もあります

フレッツテレビを契約した理由が、地デジアンテナを立てても映らない難視聴地域であれば、行政側や難視聴原因となっている建物から救済手段が用意されています。

比較するまでもなく選択肢が他に無ければ、地デジ視聴はケーブルテレビを利用すると良いでしょう。

難視聴地域専用のメニューが用意されており、地デジについてはさほど心配する必要はありません。

フレッツテレビにした時にケーブルテレビとの2択だったと想定されるからです。

NURO光を導入してインターネットと光でんわについては、最速かつ最安値で利用出来るようになるでしょう。

続きを読む

とにかく損したくない!NURO光の代理店比較で見えてきたこと

代理店独自キャンペーンを見極めよう

NURO光を取り扱う代理店では、比較すると公式キャンペーン以外に代理店独自の施策を実施している所があります。

広告の還元表記は統一されていないので、工事費割引分の金額を総還元額に参入している会社との比較をするためには、一度同じ条件に整理して比較しなければ収拾がつきません。

NURO光では公式サイトからのキャンペーンが最も分かりやすいので、果たして代理店からの申込で得られる特典がどのくらい増えるかは、公式キャンペーン分を差し引いて考える必要があります。

同時に加入するオプションの数により還元額に差を設ける特徴があるからです。

オプション解約方法の案内は正確か

続きを読む

NURO光とauひかりを検討している人向けに両社を比較してみた

KDDIが自前回線を使って提供しているエリアのauひかり

首都圏を中心とした限られた範囲では、KDDIが独自に光回線を敷設してauひかりを提供しています。旧TEPCOひかり回線として敷設した光ファイバーを利用している地域も多く、NTTよりも光回線が高い位置に敷設されているので集合住宅の3階の高さまで回線の引き込みが可能です。

開通工事に際して関電工が行うことから、NTTの電柱を経由させるケースや他人の敷地上空を通過させる工事の際には必ず承諾書を土地所有者から取得するなどNURO光に比べて外回りの工事を慎重に行う傾向があります。

屋外工事を比較した際に、NURO光はNTTが担当しauひかりはKDDI工事となるので関電工が担当することになる点から方針が異なるわけです。

NTTの光回線を使ったauひかりとの比較

続きを読む

WiMAXの速度をパターン別で比較~光回線・他社ルーター~

回線終端装置まで光回線が来ている場合

WiMAX2+の回線速度は下り最大220Mbpsですが、自宅内に設置する回線終端装置まで光回線が来ている場合には最大200Mbpsまたは1000Mbpsといった高速な回線が敷設されています。

実測値は規格値よりも低いものの、光回線では1Gbpsの回線を最大32世帯で共用利用するために実測値は同時利用者数とその先のプロバイダーにより変わります。

光回線と比較した時にはWiMAX2+の方が価格が安く、持ち運びが出来る点を考えるとよほどのヘビーユーザーを除けばWiMAX2+で十分という人も多いのです。業務利用や自宅のバソコンのみで有線接続するなどの特殊な場合に光回線の速度と安定性が生きてきます。

部屋の外まで光回線が来ている場合

続きを読む