賃貸

≪賃貸物件の方向け≫NURO光を導入する際に注意するべきビス止め

マンション対応による魅力の拡大

NURO光のサービスはもともと一戸建て向けのものであり、マンション生活をしている人にはあまり関係がないものとして理解されてきました。

しかし、2017年2月になって7階建て以下のマンションに対応するサービスの拡張が行われたため、より多くの人が利用できるようになっています。

特に首都圏では賃貸生活をしている人も多く、少しでも安く光回線を利用したいという人からNURO光は魅力的な候補となりました。

しかし、賃貸物件に住む人の場合には工事をする上で注意しなければならない点があります。

壁にビス止めが必要になってしまうのです。

 

続きを読む

賃貸物件でNURO光の工事許可を< 確実に>貰う4個の手法

他社の光ファイバーが導入されているか確認する

NURO光の申込み方法は、従来は集合住宅の場合に6階建以上はマンションタイプのみ、5階建以下はマンションミニを申込む必要がありましたが、条件として4世帯以上集めての申込みが必要でした。

賃貸物件では工事が大規模になりやすいので許可を取りにくかったわけです。

しかし、2017年2月2日より、7階建以下の集合住宅であればマンションミニとして戸建てと同じNURO光G2Vを1世帯から個別に申込み出来るようになったのです。

既に他社の光ファイバー線が導入されているか確認して、既に導入されていれば同じ経路での光ファイバー線敷設許可を賃貸物件では取得すれば良いことになります。

光ファイバーの敷設方法を調べておく

続きを読む

【賃貸に住んでいる人向け】NURO光の工事で大家さんに許可をもらうコツ

新しいタイプの電話回線を引き込む工事許可を貰う

賃貸住宅に住んでいる場合には、NURO光の工事許可を大家に貰う必要がありますが、管理会社に話をするケースもあります。

その際に光ファイバーの引き込み工事に穴あけが伴うと心配する管理会社が多いので、賃貸物件契約前に許可を貰ってしまう方法が完璧です。

しかし、入居手続きが終わった段階でNURO光の工事許可を取ろうとしても難しいので、新しいタイプの電話回線を引き込む作業をしても良いか確認して許可を貰うと良いのです。

NURO光の工事については、キャビネット設置が出来れば基本的には開通出来るので、光ファイバー線は既存の電話配管を通すからです。

外回りの工事はNTTが行うと伝える

続きを読む