速度制限

“ポケストップが消える!?” ポケモンGOの速度制限による弊害

常時接続が必要なゲーム特性

常時インターネット接続が必要なゲームアプリとして知られるポケモンGOは、拡張現実ARを実装している兼ね合いから速度制限が厳しくかかっている条件下では位置情報の補正が追いつかない現状があります。

大手携帯電話会社がかける速度制限は画像の表示にも時間がかかる下り最大128kbpsという厳しいもので、アプリの正常動作を妨げるものとなりやすい状況が懸念されます。

1Mbps程度あれば何とか動くと予想されているので、ポケモンGOをプレイする上では速度制限を受けても1Mbps以上の環境を維持できるよう工夫した方がゲームプレイに影響が出ません。

GPS位置情報とマップのズレが影響する

続きを読む

大抵の人に関係のないWiMAXの3日間で3GBの速度制限

多くの人は1日1GBも使っていない

WiMAX2+のギガ放題プランを契約すると、月間通信容量制限を受けずに利用出来ます。

しかし、一部の大容量通信利用者により回線帯域が圧迫されることを防ぐために3日で3GB以上の通信を行うと翌日昼頃から直近3日間で3GBを下回るまで速度制限を受けることになっています。

毎日1GBを超えて通信するか1日に3GB使うなど大量通信を行った場合に速度制限を受けることになります。

容量300KBのホームページであれば3333回見てようやく1GBとなるため、毎日何時間も動画を観たりオンラインゲームを一日中行うなどの極端な使い方をしないかぎり簡単に使い切れる容量ではないので、ほとんどの人は制限にひっかかることは少ないのです。

制限は日単位で行われています

続きを読む

WiMAXで速度制限にかかったときは通常速度の1000分の1

WiMAXの速度制限は2種類あります

WiMAX2+で行われる速度制限には、ハイスピードモードを通常プランで契約している場合と、au 4G LTEの広いエリアで利用出来るハイスピードプラスエリアモードを利用する際に、月間7GB以上の通信を行うと月末まで128Kbpsの速度制限を受けます。

また、ハイスピードモードをギガ放題プランで利用している際には、月間通信容量は無制限ですが直近3日間に3GB以上の通信を行うと翌日昼過ぎから標準画質動画再生に支障が無い程度の速度制限がかかることがあります。

速度が遅いと感じた段階で、どちらの制限がかかっているのか確認すると良いです。

月間7GB制限だけは何としても避けたい

続きを読む

教えて!WiMAXで速度制限にかかったときの確認方法

端末から通信量を確認しましょう

WiMAXの速度が明らかに遅いと考えた時に、速度制限がかかっている可能性を感じた場合にはまず実際に通信した容量を確認することから始める必要があります。

通信容量の確認方法として最も簡単な方法は、WiMAXルーター端末の画面上から確認する方法です。現在発売されているルーター端末のうち液晶画面を備えている機種では、端末上の操作により月間通信容量を含む実際に通信した容量を確認出来るようになっています。

液晶画面が無い端末では、パソコンからルーター端末へログインしてログを確認することが出来ます。WiMAXで速度制限が行われているケースは限られているので、端末から得られるデータは重要です。

契約プランの内容と利用していた通信モードを再確認する

続きを読む

WiMAXの速度制限にかかった時は、どうすれば解除できるの?

どの速度制限にかかっているか確認する

WiMAXで行われる速度制限には、128Kbpsと1~6Mbpsの制限の2種類があります。速度差が多いので、どちらの制限がかかっているかは体感に大きな差が出るので、最初に確認しておきたい項目です。

128Kbpsの制限を受けてしまうとインターネット検索すら厳しい状況に陥るので解除または他の通信モードへのスイッチを行う必要に迫られるのです。

月間7GB以上利用することで月末まで速度制限を受けることになり要注意。一方で、1~6Mbps程度の速度制限なら多少遅いと感じる程度で済むので、あまり気にする必要が無いという人もいます。

月間7GB制限ならノーリミットモードにするしかない

続きを読む