WiMAX

ポケモンGOが起動しない時に一番初めに試すべきこと

タスクを終了して空きメモリを増やす

ポケモンGOが起動しない時に最も多く考えられる原因は、メインメモリ不足が挙げられます。

ガラケーやパソコンとは異なりスマホではアプリは自動的に終了しないので、定期的にタスクモニタなどを利用してアプリを終了させてあげる必要があるのです。

ポケモンGOが起動しない時にタスクモニタを起動させると空きメモリがいつもよりも明らかに少ないことに気が付きます。すぐに使わないアプリは停止させてあげれば、新たに起動させるアプリ用にメインメモリの空き容量が増えます。

ポケモンGOはゲームアプリのために容量が大きなアプリです。拡張現実を使うことを考えると余裕を持ったメモリ管理をしたいものです。

面倒に感じたらとりあえず再起動

続きを読む

≪知らないと損≫ポケモンGOはwifi接続したほうがGPSが正確!?

ポケモンGOは位置情報を利用します

ポケモンGOをプレイする際には必ずGPS機能をオンにして遊ぶことになります。

3つ以上のGPS電波を受信して時間情報と共にマップ情報と照らしあわせて仮想現実に反映させることでポケモンGOのプレイを可能にしているわけです。

WiFi接続を行うと、GPSの受信状態があまり良く無い場合であっても位置情報を正確に反映させることが出来るようになることが知られています。

携帯電話の通信網よりもスマホ端末にかかる負荷が少なり、電池消耗を減らせるWiFi接続はスマホのGPSの精度を上げる方法として、iPhoneとAndroidを問わず広く知られています。

GPS精度を上げる方法としてwifi接続が推奨されています

続きを読む

※重要※SIMフリーでポケモンGOを使うときに事前に調べておくこと

対応機種が確認しておきたい

ポケモンGOをSIMフリー端末で行う際には動作確認機種かどうかが重要となります。

とりわけAndroid機種ではOSのバージョン以外にもIntel製CPUとして一部端末で採用されていた時期があるAtomプロセッサに未対応とポケモンGO公式サイトで紹介されています。

SIMフリー端末では詳細なスペックが公開されているので自分でも確認しやすい環境にあります。ポケモンGOは拡張現実ARを実装しているので、GPS機能と共にジャイロセンサーが搭載されていないとアプリは起動してもゲームを楽しめません。

SIMフリー端末の特徴として海外での動作実績も口コミから確認出来るので、翻訳サイトを眺めながら端末選びをすると良いでしょう。

バッテリー消費量が多くなる

続きを読む

ポケモンGOで”GPSがつながらない” 一番に見直すべき通信環境

速度制限を受けているとエラーが起きやすい

ポケモンGOでGPSがつながらないというエラーが出る場合、画面を良く見て全ての画像が表示されているか確認してみると分かることがあります。

一部表示されていない箇所があれば、データ通信契約容量を超えていて速度制限を受けている可能性があります。地図情報とGPS衛星からの電波を受け取って総合的に位置を判別しているので、GPSがつながらないというエラーは位置データを照合するために必要な速度が得られていないことを表します。

スマートフォンのデータ通信容量が上限を超えていないか、契約内容を専用画面または携帯電話会社のテクニカルサポートセンターへ確認してみると良いでしょう。

位置情報に関する設定項目を見直そう

続きを読む

【2016年8月版】ポケモンGOのエラー&解決策

ポケモンをタップしたら消えてしまった

ポケモンGOをプレイしている最中に時々起きるエラーとして、ポケモンをタップすると消えてしまうことがあります。ゲーム上でバグが起きている可能性もありますが、多くの場合は出現可能時間を過ぎてしまっていることが原因です。

ゲーム上のバグであれば同じ場所で捕獲しようとしても同じように消えてしまうことがあるので、別の場所へ移動してポケモンGOをプレイした方が良いです。

通信環境が悪い場合には位置情報にズレが出やすくなるのでポケモンが消えてしまうこともあります。何度か別の場所でポケモンをタップして消えてしまうエラーが出る場合には通信環境の確認も必要となります。

捕獲時にフリーズする

続きを読む

『あぁ..またか』ポケモンGOが動かない時に試したい4個の解決法

とりあえず一度再起動する

ポケモンGOアプリが動かない時には、左上のアクセスゲージが落ち着いてから再起動すると良いでしょう。スマホはパソコンのようにOSの上でアプリが動いているので、開いたままのアプリがあると利用可能なメモリが現象してしまいます。

ポケモンGOのアプリがはメインメモリ2GB以上を動作条件に挙げるほど重いので、動かない原因として空きメモリの不足により新規メモリを確保出来なくなりスワップが発生している状況が考えられます。

パソコンでもHDDにメモリデータを書き出す際に音と共に暫くパソコンが動かないことがあるのと同様にスマホでも長時間再起動をしていないと同じ現象が起こりやすいのです。通信環境も合わせて再接続出来ることから、とりあえず一度再起動する方法はポケモンGOアプリが動かない時に有効です。

キャッシュと不要なアプリを削除

続きを読む

ポケモンGOが落ちる一番の理由は通信環境だった

ある日突然ポケモンGOが落ちるようになったら要注意

アプリをダウンロードしてポケモンGOを始めた当初は普通にプレイ出来ていたのに、突然アプリが落ちるようになったら要注意です。

ポケモンGOのアプリはデータ容量を多く使うので、動作条件にメインメモリ2GB以上とそれなりの性能を要求しています。長時間起動したままでスマホを使用している場合には、一度スマホを再起動して様子を見てみましょう。

それでもポケモンGOアプリが落ちるようであれば、通信環境に問題が発生している可能性があります。ポケモンGOは常時インターネット接続をして位置情報を反映させているので、安定したある程度の速度が必要です。

再起動してもダメな時はwifi接続を試してみよう

続きを読む

通信速度は大丈夫?ポケモンGOが重い時の最終手段

ポケモンGOはリアルタイム通信が快適さに影響します

せっかくポケモンGOをプレイしようとしてもゲームアプリの動作が重いために十分に楽しめないというケースがあります。

アプリダウンロード当初から思い場合には端末の性能や電波状況によるものと思われますが、最初は快適にプレイ出来ていたのにポケモンGOを途中から重いと感じられるのは、通信速度の影響を受けている可能性を疑うと良いでしょう。

ポケモンGOのアプリ配信が月の後半だったので、月末近くに今までとは異なるアプリによる通信が多発して契約しているデータ通信容量を超えてしまう利用者が多数出ました。

GPS電波は3つ以上の衛星から受信したものを解析して時間のズレから位置を導き出し、更にGooleMapを利用した地図上に反映させて拡張現実に反映させます。時間合わせと地図情報の更新に高速インターネットが必須となるわけです。

動画が再生出来る程度あればプレイ可能です

続きを読む

ワイマックスのキャンペーン選びで迷った人がGMOとくとくBBを選ぶ理由

キャッシュバック特典はもらうのが大変

ワイマックスの加入キャンペーンが各社から行われていますが、キャッシュバック特典は魅力的ですが実際に特典を受け取るには手続きが面倒で、指定された期間内に申請しないと無効となってしまうので大変です。

12ヶ月後に届くメールの指示に従って指定の期間内にキャッシュバック申請を行うのは、忘れてしまう人も多くいると誰でも予想出来ます。

ワイマックスのキャンペーンとしてキャッシュバック特典があっても受け取れない可能性があるなら、あまり魅力的とは言えません。キャッシュバックを外した時に他の魅力が見当たらないなら、サービスで勝負出来るワイマックスを契約した方が、長期的に見て安心出来るのです。

豊富な端末を自由に選べて安い

続きを読む

お試しレンタルWIMAXの返却方法と返却期日

TryWiMAXの返却期限は申込時に分かります

WiMAXを15日間お試し利用出来る方法としてTryWiMAXがあります。

申し込み画面手続きが完了した画面にも返却期限日は記入されていますが、本申し込み完了メールにもしっかりと返却日が記載されているので、先に確認しておく必要があります。

選んだ機種にもよりますが、申込日から数えて15日目までに返却しなければ、機種代金相当額が違約金として登録したクレジットカードから決済されてしまうのです。

宅配便による往復配送日を考えると実際に試せる期間は10日が限界と考えられます。返却期限日には確実に到着出来るように逆算して動かないと2万円近くが飛んで行くことになるので要注意です。

同梱物に注意して返却

続きを読む