絶対必要?NURO光を導入する際の工事の「ビス止め」穴

    キャッシュバックがあるうちにNURO光の申し込みをしよう!

    >> 今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!




    スポンサードリンク


    Pocket
    LINEで送る

    NURO光はケーブル引き込み工事が必要な光回線

    NURO光を利用して光回線を利用していきたいという人の中にはケーブルの引き込みに懸念を持つ人もいるでしょう。

    これまではケーブルを引き込まずにアンテナでインターネットを利用してきたという場合には特に大きな工事が必要になるのではないかと懸念することがよくあります。

    光回線を利用するには光ケーブルの引き込みが必要になるのは確かであり、宅内工事を行わなければ利用を開始することはできません。

    それによって安定した高速通信が可能になるのも事実です。

    この宅内工事の中で最も問題にされやすいのがビス止めの必要性です。

     

    NURO光、通常は工事で必要になるビス止めと穴

    NURO光のケーブルを引き込む際には通常はビス止めが必要になります。

    光キャビネットを外壁に取り付けることによって光ケーブルの引き込みを行うのが一般的なやり方だからです。

    外壁に穴を空けて光キャビネットをビス止めすることによりケーブルを引き込めるようになります。

    光キャビネットからのケーブルの引き込みは電話線などの既存の配管を利用するのが基本ですが、エアコンのダクトからの引き込みも可能です。

    どちらも存在しなくて不可能という場合には新規にケーブル引き込みのための穴あけが必要になる場合もあるので注意しましょう。

    ※ビス止めが難しい場合、両面テープでの施工も可能になったようです。詳しくはNURO 光のオフィシャルページを確認してください。

    NURO光のビス止めは仕方のない工事工程

    ビス止めが必要になるからNURO光は使えないと考えてしまう場合もあります。

    特に賃貸物件に住んでいる場合には建物に傷をつけてしまうことになるためオーナーの許可を得なければなりません。

    そこで駄目だと言われてしまったらもうNURO光は使えないということになってしまうと考えるでしょう。

    しかし、光キャビネットの設置にはビス止めは避けて通れない道です。

    しかし、賃貸生活をしていて退居することになった際にはそのビス止めの跡を埋めてくれます。

    その点もオーナーに説明すれば許可を出してもらえる可能性が高まるでしょう。

     

    NURO光工事のビス止めは回避できなくても穴あけは回避可能

    NURO光を利用する上では光キャビネットのビス止めは欠かせません。

    しかし、電話線やエアコンのダクトがないというときの穴あけは回避可能です。

    穴あけをしなければならないのは光キャビネットを設置する場所の近くに電話線やエアコンのダクトの口が存在していない場合です。

    特に利用したい部屋にこのような口がない場合に穴あけをすることになるでしょう。

    もし他の部屋になら引き込めるというのなら、そこから引き込めば穴あけは必要ありません。

    使い勝手が悪くなると感じるかもしれませんが、NURO光のモデムで標準となっている無線LANを使用すればインターネットを利用する上で支障はないのです。

    【結局、一番確実にオーナーに許可をもらう方法は?】

    NURO光では2回工事がありますが、1回目の工事が終わるまではキャンセル費用は発生しません。(※NURO光サポートセンターに確認済み。不安な方はご自身でもご確認下さい。)

    このメリットを最大限活用して、最もオーナーに許可をもらいやすい方法をお伝えします。

    やることは1回目の工事予約を先に入れて、現場を確認した1回目の工事業者さんにどのような工事が必要かを管理会社に直接話してもらう方法です。

    NURO光は壁に穴を開けないといけないと書かれている記事も多いのですが、実際に現場を確認すると穴を開けなくても良いケースも結構多いようです。

    つまり、実際工事する人が現場を見なければ、どのような工事が必要かはわからないのです。

    あらゆるケースを想定して先に許可を取ろうとすると、どうしても「壁に穴を空ける可能性があります。」などと言ってしまいがちです。

    そうすると「それは困る。」という反応になりやすいです。

    そして万が一、工事会社の人が管理会社の人に説明をして断られた場合は、工事自体をキャンセルすれば費用はかかりません。

    工事会社の人にもあらかじめ「もし管理会社の許可がでなければ工事はキャンセルします。」と最初から伝えておけば、より安心でしょう。

    工事の流れはNURO 光のオフィシャルページを確認ください。

    まとめ

    まず管理会社(もしくはオーナー)の担当に確実に連絡のつく方法を確認する

    電話連絡先と担当者を確認しておき、連絡が取れる日時を確認しておく。

    NURO光の申込をして、管理会社の担当者と連絡がつく日程で1回目の工事日程を組む

    ↓ まずはこちらから申し込む

    不安であればこの時に、1回目の工事が始まる前に工事会社の人と管理会社が連絡をして工事の許可がおりなければキャンセルをしても費用がかからないのを確認しておいて下さい。

     1回目の工事の時に管理会社に連絡をして、電話をそのまま変わってもらい代わりに説明をしてもらう

    自分で説明するよりも、当然しっかり説明してもらえますし、工事会社の方も当然キャンセルにしたくないので、上手く話をして出来る限り許可を取るように話してくれるでしょう。

    また、万が一駄目な場合でも費用がかからずにキャンセル出来る方法なのでお勧めです。

    「どうやって、管理会社に説明すればいいんだろう... 」と悩んでいるのであれば、まずは申込をして工事会社の人の助けを借りてしまいましょう。

    さっそく、申込をする。>> 世界最速インターネットNURO 光

     

    【追記】35,000円のキャッシュバックが確実に貰えるNURO光公式サイトから申し込もう

     →公式サイトからの申込みで35,000円のキャッシュバックをGET!

    NURO 光 の代理店では、3万円以上のキャッシュバックを提示している会社もありますが、キャッシュバックが受け取れるのが12ヶ月後だったり、変なオプションをつけられてしまい結局月額料金が高くなったりといったことがあります。

    また、こちらから受け取りの申請をしなければならないため、月日が経って忘れてしまい、結局受け取れなかったという方もいます。

    公式サイト経由でのお申込みであれば、確実に35,000円が指定の口座に振り込まれるので忘却してしまい受け取れなかったといったことが起りません。

    また、オプション等に関しては申込み時に自分で選択ができるため必要なものだけを選ぶことが出来ます。

    公式サイトでチェック! >>> 今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

    確実にキャッシュバックを貰うなら公式サイトからの申込みがオススメです。

    Pocket
    LINEで送る

    スポンサードリンク


    ネットが遅いと感じているなら、世界最速を体感してみませんか?

    >> 世界最速インターネットNURO 光

    NURO光をおすすめできる人の条件とは?

    NURO光は現在対応エリア(現在の対応エリアを確認:公式サイト)と8階建て以上のマンションは使えないという制限があります。

    その制限にかからない人で、NURO光をお勧めできる人の条件を解説します。

     

    1.回線速度が早い必要がある人


    オンラインゲームをよくする人や、動画をよく見たり動画をアップロードしたりする人は回線速度が気になります。いいところで止まってしまうのは本当にストレスです。

    NURO光は下り2Gなので、一般的な回線の2倍〜10倍の回線速度です。とにかく、速さを求める人は最適です。

     

    2.ソフトバンクユーザーの人


    ソフトバンクの回線を契約していると、1台当たり最大2,000円の割引があります。家族で3台契約しているなら最大6,000円の割引ができる可能性があります。

    家族でソフトバンクユーザーが多いと、実質無料でインターネット回線を使える可能性があります。

     

    3.インターネットにあまり詳しくない人


    NURO光では現在、設定サポートを1回無料で提供しています。電話か訪問を選べるので、電話だけでサポートが不安な方は、訪問して画面を見ながらサポートしてくれる安心感は心強いです。

    せっかく契約したのに、サポートの電話になかなか繋がらず、使えないというのは笑えないです。

     

    4.品質や安心感に妥協したくない人


    NURO光は速さや安さを押し出されてますが、元の回線はNTTのものを使っており、NURO光の運営会社はソニーの子会社であるSo-netなので、そのあたりを気にする人にも安心です。

    NURO光の公式サイトはこちらをクリック

    SNSでもご購読できます。